圧迫骨折

圧迫骨折X線写真①

圧迫骨折X線写真②

 お年寄りの圧迫骨折について

「骨粗鬆症」で骨が弱ると、軽い怪我だけでなく、きっかけがなくても背骨がつぶれる「圧迫骨折」を起こすことがあります。

「圧迫骨折」になると、寝たり起きたりの動作で激痛があり、なかなか起き上がれません。また、立ったり座ったりの動作や寝返り、前かがみなどの動作でも強い痛みがあります。ただし、まっすぐに立っていると比較的楽で、ゆっくりなら歩くこともできます。

痛みをこらえて無理に動いていると、骨折した背骨がミシミシと動き、骨が固まることが阻害されて、なかなか治りません。また、無理に動くと背骨のつぶれが進行して、腰が曲がり背が縮まってしまいます。

「寝たり起きたり」、「立ったり座ったり」、「寝返りを打ったり」、「前かがみになったり」といった動作の時におこる「激しく鋭い痛み」は、そのたびに「折れた骨が動いている」ことの現れです。この痛みの回数を減らすことが、早くきれいに治すコツです。

お年寄りで、寝起きに激しい痛みを感じるようになったら、すぐに整形外科のお医者さんにかかりましょう。

当院での「圧迫骨折」の治療

当院では、圧迫骨折が疑われた場合、画像検査(レントゲン)ではっきりしない場合でも、すぐにギプスを巻きます。

体幹ギプスと呼ばれるタイプのもので、胴体部をできるだけ上から下までしっかりと固定します。

前方をコルセットのように開閉式にしますので、着脱可能で、しめ具合も調節できますが、3週間程度ははずすことなく付けたままで24時間過ごしてもらいます。

このギプスをつけると多くの場合、付けた瞬間から痛みが減って楽になります。

骨粗鬆症の薬も同時に始めます。

ギプス固定と自宅安静をおよそ1か月続け、その後はコルセットに変えて、少しずつ日常動作を増やしてゆきます。

順調であれば、およそ2ヶ月で普通の生活に戻れます。

その後も骨粗鬆症の薬を無期限に続けます。コルセットもつけ続ける事をお勧めしています。 コルセットの勧め